この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

100

久代田ミト

どうも、最近小説を書くのが楽しくて仕方ない久代田ミトです。
ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
まぁ小説自体は高1の頃から六年間ずっと楽しく書いてるんですけどね。
今が特に楽しいってことです。
できるならこれを職業にしたいけど、それは難しいのかなぁ。
Comicoの中ですら上位陣の足元にも及ばないのに、小説家っていう広い世界に出て、まともに戦っていけるだけの力があるとは思えないし。
まぁ今は楽しいからそれでいいんですけどね。
もうちょっとComicoのシステムを有効活用したいなって思ってるんですが、イマイチどう使おうか迷うんですよね。
使いすぎても見づらくなるでしょうし。太字とか、大文字とか。
要所で使うべきでしょうね。
見出しとか章区切り線は使いやすいけど。
今度新しい小説投稿する時はその辺も考えてやってみようかな。
という、ふとした瞬間のミトさんの脳内でした。
また次回!

この作品が気に入ったら読者になろう!