この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

16

十六夜和夢

前作が中途半端なところで終わってしまいましたので今回はきちんと終わります。この作品は私1人では至らぬ知識が多くあるのでお兄様に助けてもらいつつ作成しております。本当に助かっております。よろしかったら皆さんに楽しんで読んでもらえたらと思います。次回から銃などの武器も本格的に出てきます。銃などが好きな方は是非名前だけにはなりますが、お楽しみ下さい。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ