この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

9

甲姫

吹き出しの色になぜ緑が無い…
見切り発車、完全に何も考えないで書いてます。更新頻度とかなにひとつ期待しないで、思い出した時にでも寄ってきてください。こういう短いのやってみたかったんです。
それにしても最初の一文の印象でその小説との相性がだいたいわかるとよく言いますが、この物語の一行目は「ステファンよ、ちょっといいかね」でした。なんかすみません。察してください。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ