この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

6

鉄浦相輪

幼稚園の頃、遠足が嫌いでした。
だけど、線路の横を歩いて好きな電車が通ると、今までの憂鬱さがウソのようにテンションが上がったんですね。
本当は「家の玄関のドアを開けると違う世界だった」っていう流れだったんですけど、ふとそのことを思い出して「踏切」にしました。
羽室湊が10年前の記憶を思い出したように、まさか自分もおんなじような経験をするとは・・・

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ