この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

ぎある

御閲覧頂き誠に有難うございます。お恥ずかしながら私実は小説に関しては全くの素人なので、語彙力の不足や誤字脱字や誤った表現など、至らない部分が多くあるかと思いますが、読者様に気が向いた時にでも読んでいただけたらなと思っています。
さて、0話ということでプロローグを作ってみました。自己満足文ってやつですね…。
このプロローグの意味は後々のお話で理解いただけると思います。次回からは真面目に本編に移りたいと思います。申し訳ございません。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ