この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

26

おみの維音

おみのです。(4)です。今回は少し文字量多めです。
この作品の裏テーマはいかに残念男子をうまく書けるかだったりします。きっと読んでくださっている方のご期待に沿えない場合もあるかとおもいますが、ツッコミを入れつつお楽しみください。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ