この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

2

祇郁

一日に書ける量が少ないのでぶった切りです、ごめんなさい。
なぜに男二人で会話してるだけの話を書いているのだろうか。次回からはもっと話を進めていけるように頑張ります。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ