この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

131

久代田ミト

どうも、第二部突入した久代田ミトです。
打ち間違えて「とちゅにゅう」になった。
ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
さてさて、第二部も引き続きお付き合いください。
悲鳴シリーズまだまだ続きます。やっと導入が終わった感じ。
新作の方でもここを変わらず文字数いっぱいまで書いてるんですが、どっちに何書いたか忘れそうです。
あれ、どっちでどんな話したっけってなってます。
まぁかぶったら教えてくだせえ。直さないけど←
あ、冒頭にも書きましたが、この作品は悲鳴シリーズ第一部『いずこにて咲く螢火か』の続編となる作品なので、まだ読んでないという方はそちらからお読みください。
確実に理解不能状態に陥ります。
再三すいませんね。重要なことなので三回言いました。
残りの一回は作品説明文です。
ではまた次回お会いしましょう。
PS.恋愛小説とか書いてみたい。私が書いたらすっごい変なのになりそうだけど。

この作品が気に入ったら読者になろう!