この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

71

久代田ミト

どうも、小説を書くのに語彙力とか文章力とかはいらないと思う久代田ミトです。
ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
オススメ、コメント等していただけると、私が地雷原でタップダンスを踊りながら喜びます。
余談ですが、小説は、誰にでも書けると思います。
実際、私は中学の頃から書いてました。
何もその頃から語彙力やら文章力やらがあったわけではなく(今もないけど)、当時は今の私からしても酷い文章でした。
「机の上に無造作にリンゴが転がっている」←→「リンゴがあった」
くらい違いました。
でも、言いたいことは伝わりますよね。
結論から言うと、小説で生きていこうと思ったらそりゃあそれなりの技術が必要ですが、空想を形にするだけなら技術なんて要らないってことです。
書くのは楽しいですよ。語彙力がーとか、文章力がーとか言う前に、書きましょう。
力は書いてたら後からついてきますから。

この作品が気に入ったら読者になろう!