この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

12

柚缶。

本当は、牡丹と慎二の甘いお話たくさん書いていく予定だったのになぜこんな展開になった?
番外編で、書いていけたらいいなあ……え、読みたくない? あ、はい……すみません調子に乗りました……。

ということで、次回、最終回です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ