この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

182

にのまえ千里

最近は話を書いていると、ふと自分が子どもの頃は親に対してどうだったかなぁと思い返してしまいます。
反抗したり、相談したり、たわいもない話をしたり、ケンカをしたり、時々で変わる関係を繰り返していたように思います。
.
果たして唯は、母 真弓に素直に謝ることが出来るのか。
どうかもうしばらくお付き合いくださいませ(*^ ^*)

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ