この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

7

梅ノ木

 小説の書き方にも色々あると思うのですが、私の場合は清書していると勝手にキャラクターが動いて物語を書き換えてしまう事が多々発生します。が、そのせいで大幅なシナリオ修正が必要になったり、頑張って書いた話が全部没になったりして大変です。
 この話の場合、簡易決闘なんて考えてもいなかったのに二人が勝手に始めてしまって、書きながら「そんなローカルルールあったのか」なんて逆に関心したりしています。
 こんな体験は私だけなんでしょうか?

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ