この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

26

ニマノキイチ@ステラ

おまけ話 臆病な世界
隣の席の人間はおかしい。
隣の席の人間は授業中になった途端、ハサミを取り出しシャキンッシャキンッと音を鳴らす。
刃物の音が嫌いなオレは隣の人間を睨みつけた。
心の中でうるさい、やめろと訴えかけた。
先生は見て、きいているはずなのに注意もせず、授業を続ける。
周りを見渡しても皆普通に黒板をみたりノートをとったり、寝ていたり。
誰も何も言わない。
これは自分にしかみえていないのだろうか。
授業を終えて、オレは友人に聞いた。
「さっき、ハサミの音やばかったよな」と。
友人は「本当な〜うるさかったよな。」と言った。
オレは少し安心したが、どうしても解けない問題で心の中はモヤモヤと気持ち悪いもので渦巻いていた。
何故、あんな人間が上位カースト、クラスの中心人物なのだろうか。
作者は通常運転です⭐︎

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ