この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

6

れいん

どうも、黒心です
チャレンジ用に書き始めてみました
ついでに私は木登りできません
そもそも虫が超絶ハイパー(死語)嫌いなのに
木になんて触れもできません
それでも幼い頃は秘密基地とかに憧れたりして
もちろん木登りも挑戦したことはあります
でもいつの日か
道端に落ちていた葉っぱを拾った瞬間
私の世界は色を落として変わり果ててしまいました
そう
落ち葉の裏に
うごめく
黒い物体を観た時から……

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ