この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

れいん

どうも、黒心です
私は今でも、子供の頃に父親に連れて行ってもらった登山旅行の時に泊まった旅館のことが忘れられません
私たちの泊まった部屋はもちろん和室で、しかも結構でかかったです
黒電話とか床の間とかもあって、なんと梨がサービスで部屋にあったんです(父親が貰ってきたんでしょうね)
その時の梨がもーほんとおいしくて
でもほら梨って幸水とか豊水とか二十世紀とか、色々種類があるじゃないですか
それに気付いたのがほんともう大人になってからで、今更父親に聞けず……
聞いたところで父親もいちいちそんなこと覚えてなさそうだし……
今でもあの時の梨の種類を模索する毎日なのでした
あぁー、秋が待ち遠しい……!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ