この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

れいん

どうも、黒心です
オサレなカフェとか憧れるんですが
おはずかしながら視力に乏しく
初見では絶対にそういうお店に入れないです
店先でメニューとかガン見するのも恥ずかしいですし
さすがに
値段なんて見なくてもいいぜーひゃっはー!
とは言えません
いつかオサレなカフェでパフェとかパンケーキとか
ローズヒップとかベリーティーとか頂きたいです

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ