この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

11

黒ましゅまろ

高校生、名取 牡丹編及び本作は
この話で完結です(^^)
江戸時代後期、大正時代前期、現代というイメージで
書いてきましたがあくまでなんちゃってなので(笑)
お題チャレンジがきっかけで生まれた作品ですが
書きたいことを思いっきりぶつけて書きました(笑)
現代の牡丹ちゃんと貴臣くんは結ばれてとても長生きをするでしょう(笑)
その時間も合わせて三百年の恋となります。
牡丹ちゃんを通じて、恋愛の壁・生きることの壁を書きました。
そして壁を乗り越えたときの幸福。
そんな曖昧で見えないものですが、伝わればいいなーと思います。
アホ丸出しの文章でしたが、ここまでお付き合いいただきどうもありがとうございましたm(__)m

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ