この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

427sanのひと

ようやく梅雨が明けました。
いよいよ有彩が日本の高校生として過ごす最後の夏へと物語は入っていきます。
いやー、応援する地元クラブが試合に勝った翌朝は気持ちがいいものです。
二学期に入って早朝に弁当を作る生活が定着すると休みの日なのに早く目が覚めてしまうのはなんだかもったいない気もします('A`)

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ