この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

142

三木靖也

どうも、卒業式の近い三木靖也です。
とはいっても、送る方ですが。
この時期は卒業シーズンと言いますか、学校も少し慌ただしい雰囲気になりますね。
いつもこの作品を読んで下さっている方、本当にありがとうございます!
自分が入れた小ネタ(例:ドクオ・イレール氏“毒を入れる”)に気付いて、コメントをもらえたり、話を気に入ってオススメをして下さったりと、たくさんの支えがあって、この作品を連載できています。
今後とも、よろしくお願いします!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ