この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

5

シュリ

廃墟を愛したときに覚えるどうしようもない切なさが、また愛おしい。この感覚をたくさんの方に知っていただきたい。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?