この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

7

シュリ

夏もぐいぐい顔を近づけてきましたね。涼しい風を浴びながら散歩して、脳内に仕込んだ原稿用紙にテレパシーのペンで執筆できたら、この上ないヨロコビであるのですが。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ