この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

3

高槻オペラ

こんにちは、高槻です。
今回のお話からとなりますが、新しく高槻聖と名乗らせて頂きます。ご了承くださいませ。
さて、春眠暁を覚えずとはよく云いますが、全文に則れば、あったかくて眠いし、昨日は雨や風が多くて花は散っていないだろうかというものなのですが、花に心配しているうちに二度寝してしまうと思うのです。
ああ、お布団は偉大ですね。
この小説に使用している画像は素材サイト人形首様の了承を得て使用しております。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ