この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

12

天乃ゆうり

完全に解け切ってはいないけど、ゆっくりゆっくり動き出した歯車。
誤解が溶けて、心情を知って、二人がどう変わっていくのか……今後も見守ってくれたらありがたいです!
劣等感を感じていたのは、お互いだったのかな?
主役の一人の癖にテレパシーのみの、勇意でした(笑)
それでは、また次回もお会いできますように!U・ω・U

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ