この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

6

咲はるな

以上で、「じょそんだんぴ!」は完結となります。
長く私の妄想にお付き合いいただいた読者様方、本当にありがとうございました!
最終回ということで、少し最後の場面に補足を入れさせていただきます。
第1話で「俺は男前になって、黒髪さらさらの、儚げな大和撫子に、俺の三歩後ろについてきてもらうんだからなっ!」と言っていた晃は、最終的にレディーファーストで彼女の三歩後ろを歩き、そして彼女に追いつき、一緒に並んで歩く。
 これは、物語の象徴的な場面です。並んで歩く彼らがどんな未来を見るのか、それは読者様のご想像にお任せしましょう。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ