この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

葉月羽音

今回のお話はちょっとだけ表現が過剰かもしれません。
ご不快にさせてしまいましたら大変申し訳ございませんでした。万が一にも気分を害してしまっていましたらその旨、ご指摘いただけますと幸いです。
魔女と王様の取引の行方。言葉を深く読んで先を見てください。きっと結末がその目に見えてくることでしょう。
……そんな文章力よ、私の元に早く来い!!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ