BEST 生存競争

春咲

♡ 2

第1話から読む

5月の天気のいい日
僕はあの日、僕の人生に終止符を打った。
全てがどうでもよくなって、すべてに疲れていたのだと思う。
いつでもよかった。
けど、出来れば天気のいい日が良かった。だから、あの日にした。
僕の意識がなくなる前に、この意識を残しておこうと思う。