この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

68

まべくろー

 なんで私は、エッセイを書いたんだろうか。どうも、まべくろーです。
 下手なエッセイをここまで読んで下さり、感謝いたします。よほどの物好きでないと、読むのをやめていたことでしょう。そんな珍妙なあなたに幸あれ。
 さて、これからの更新ですが、未定です。しかし、ネタは豊富です。気が向いた時にでも、書きます。それにしても書き終わったら、腹減りましたね。ペヤングの大盛りが食べたい。今は八時。夕食は済んだはず。腹は減る。
 だからデブ。
 では、また。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ