この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

葉月羽音

玩具箱続編です。
少年の勘違いは果たして本当に勘違いだったのか、と今更ながらに思います。
真実なんてものは人それぞれですから、少年にとってはあれが真実で、魔女や周りからすればただの勘違いだったというお話。
どこにでも転がっているような、そんな真実なのだろうな、と……言葉に綴り切れていないのが、痛いですね(涙)

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ