この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1,010

青樹直也

小さい時バイクの乗り物の玩具が大好きで家の中で乗り回してたんですけど、ひたすら壁に向かって突進し続ける自分の映像観て引きました。
無言で永遠と壁に向かってアクセル踏んでて、周りの家族が「ああまたやってるわー」みたいな空気で一切止めに入ってなかったのが一番怖かったです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ