この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

8

koyuki

メイドをしていた頃は、なにかと目まぐるしい毎日を送っていました。
そんなバイトも辞めて、今は見る専門にはなりましたが、たまに足を運びたくなる衝動に駆られるのは、いまでも可愛い女の子の世界が好きだからだと感じています。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ