この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

35

篠崎冥土@更新停滞中

俺がただ一つこの手の中につかみ取って、大切にしていたものが
俺を否定する決定的な材料となって俺を深淵へと突き落とす
諦めかけたその時に浮かんだのは愛することを教えてくれた人の笑顔で
その笑顔を曇らせたくないその一心で、俺は端末を操作した

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ