この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

31

篠崎冥土@更新停滞中

「いたっ」
「・・・わりい。毛布、ありがとな」
「ハヤセは難しく考えすぎなんだよー。だいじょーぶ、瀧姫は、ほんとにハヤセが大切だから」
俺と瀧姫に毛布をかけてソファの下で寝ていた雅は、そういって穢れなくにっこりと笑った
(・・・ほんとはお前に返さないといけないのに、ありがとな)

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ