この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

12

篠崎冥土@更新停滞中

「・・・・」
堅いベッドの上、汗だくになって飛び起きた
永らく俺が忘れーーーそしてきっとみえていなかったあいつは記憶すらしていない邂逅
もしこれが運命だというのならば
俺はそれを否定するーーー

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ