この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

6

原っぱ

もう、好きじゃないんじゃないですか?
そう問いかけたい。けど、勇気がない。
女の子と楽しそうに話す貴方。
あれ、私はそんな笑顔見たことない。
どうして、適当に返事をするの?
名前もとうとう呼んでくれなくなっちゃったね。
家にも居場所なんてもうないんだよね。
どうして、頑張ってるんだろう。
もういいんじゃない?
彼に必要とされないんだったら。
私を必要としてくれる人間がいないなら。
存在している意味がないでしょ?

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ