この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

80

青樹直也

昨日も更新しようと思ってたんですけど、疲れすぎて気が付いたら台所付近のフローリングで寝てました。
1メートル先に布団があったのに何でそこまで辿り着かんかったのかが謎です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ