この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

79

久代田ミト

どうも、十年後の久代田ミトです。
ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
今回は、少し前に実家に届いた手紙を思い出しながら書いてみました。
口調や表現が少し違うかもしれませんが、内容は同じです。
なのでそれに対して、もし今、十年前の自分の前に立ったら、私はどんな答えを返すだろう、返すことができるだろうって考えながら書きました。
そして、これからまた十年が経って、その頃にこんなことを言えるようになれたらいいなって、そう考えながら書きました。
皆さんは十年前の自分が持っていた理想に、どこまで近づいていますか?

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ