この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

22

壱御崎一護

おじいさま、それだけは無理だと思います。
 
↑これで終わろうとしたら、すごくギャグっぽくなったのでやめましたw
 
次回は一夜サイドです。亀進行ですみません。
 
よろしければ、また。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ