この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

112

pu-

お読みいただきありがとうございます!
おススメボタンやお気に入り登録…本当に嬉しくて、励みになっています(*^_^*)
秀一、とうとう有咲に手を出してしまいました。
どのぐらいそうしていたのか…実は、有咲が不自然な体勢のせいで、
腰が痛くなったんじゃないかと思っているんですが、
「先生…腰が痛いです…。」
とは言わせられませんでした(^_^;)

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ