この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

104

pu-

お読みいただきありがとうございます!
香川、よく喋るなと思いながら吹き出しをつけていました(笑)
佳美の冷めた笑顔と小林先生の気まずくて黙々と飲食に走る姿を想像しながらお読みください(^^)

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ