この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

10

ゆう

第2話、お読みいただきありがとうございました。
話を続けて書くのって、とっても難しいんですね(汗)
作家さんを改めて尊敬します。
自分がもしその人だったらどんな感じだろう、と考えて書いてみたのですが、妙に「えっと」や「え」などが増えてしまいました。
自分の性格が表れてるなって、すごく思います(笑)
次の更新もよろしくおねがいします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ