この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

3

watluvis2

第一話です。これがこの物語の始まりですね。笑
誤字があったりとか、吹き出し式があまり好きではないので、そうしていないので読みずらいかも
しれませんが、話自体は面白くなるように展開を進めていきたいです。
流れが少し遅く感じるかもしれませんが、それはすこし耐えていただけると助かります(笑)

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ