BEST 春待ちて候

石踊七雲

♡ 3

第1話から読む

寛政3年(1791年)、3月。
本山弥一郎は、本山家長男として、悠々自適な生活を送っていたが、突如、父弥助が姉綾に、同門である吉岡幸之助を婿にとることを決める。
突如、本山家の冷や飯食いとなった弥一郎。
折りよく江戸留守居の手役が空き、役を得ることが出来たが、そこに潜む陰謀に巻き込まれていく。