この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

9

コノハナ

原田左之助がここにきてまさかの行動に。
新政府軍側のことをどうしても悪者っぽく書いてしまっていますが、作者は決して新政府軍側もきらいではないです!
坂本龍馬をはじめ、高杉さんなど立派な方が多いですよね。
原田がどのように姿を消したのかは史実では曖昧なので完全創作ですから永倉おいていくなんて薄情すぎない?と思われたらそれは作者の力不足です(笑)
ただ、新撰組を一緒に永倉について行って離隊するくらいですから情に厚い男なんだと思いますから、原田にとって大きななにかがこの時起こっていたんでしょうね。
あと数話で原田編が終わりになります。当初予定していませんでしたが新撰組解散まで書きたいと思いましたので新選組に残った隊士目線でもう少し書き続けようと思います。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?