BEST 私が夢日記をつけた時の話

さとさん

♡ 4

第1話から読む

題名の通り、私が夢日記を書いたら、こんなことが起こりましたというエッセイ?です。
事実は小説よりも奇なりといいますが、夢はもっと可笑しいことになりますよね。
一話完結ですので、是非一読されて見てください。