この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

41

十六夜雪

正直言って中学で頑張ったものって英検含む勉強と読書以外に思いつかなくて、何でこんなところにいるんだろうとか思ってた。
鬱々とした話になりましたが、図書室を私物化できるような環境はよかった。
敬遠されていたこと、特に恨んでもいないし、今思い出しても特に何ともって感じなんですが、「辛くないの?」と言ってきた人が結構いるのでそっちにびっくり。
夜神君に似てるより、リゼさんに似てると言われた方がいい。だってリゼさん美人。
これ、最初の方しか中学に入る話をしていないな。でも本当に面談だけ、確認程度で話が済んだのでじっくり書こうにも書けない。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ