この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

45

十六夜雪

私はあの有名な病気を盛大に患っていないかわりに、今でも事件という単語や知った場所にとまっているパトカーにわくわくするのは、軽症である場合この病気は長引くということではないだろうか。
察されているとは思うが、ウェイウェイやってる人もサークルも、大人数で飲み会という大学生特有のあのノリも、理解不能だし、あれ平気な人、私と種族が違う。だというのにうまい飯と美人に釣られて行って、意外と男子と漫画の好みが合うものだからこの春も勇気を出してしまう。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ