この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

16

十六夜雪

何で夜中にこんな気の狂った話を書いているのか。それはそもそも私が昔から「自分の双子の片割れみてみたいな~」と思っていて、そこに何故か二日連続同じ時間帯に弟から電話が来る、なんていう事態があって、今夜書く気分になった。それだけなのだ。弟からの電話は出ていない。ちゃんと応答拒否した。
双子の片割れってつまるところ対等なんだよね。……というのは夢を見すぎかもしれないが。
入れ替わりというのはとてもやってみたい。そして一卵性双生児の昔の知人よ、いつまで経っても見分けがつかなくてすまない。だって同じ顔しているんだもの。見分けがつく方がすごいのだ(開き直り)。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ