この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

3

胡蝶陽夜子

読んで下さった方、ありがとうございます!
何ヶ月ぶり?何年ぶり?の更新、本当に申し訳ございません!
これ打ってる時、何故か打ち間違えが多発して、かなりイライラしながら打ってました。打ち間違えはするしそのせいで打ったところ消えちゃうしで、ちょくちょく舌打ちでした(^_^;)
今回は、これまでとは少し違った雰囲気になりましたが、これはもはや、エッセイじゃなくてブログじゃないですか?こんなんで良いんでしょうか?(良くないですよねごめんない)
次回はいつの更新になるかわかりませんが、近いうちに更新できればなぁと思っております!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ