この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

34

はーこ

ここまでスクロール、ありがとうございますm(__)m
 
早くも2話目で、キャラとの会話に乗り出した作者でした。こういうメタフィクションは、ぶっちゃけ慣れませんね……でも書いてるうちに、楽しくなっちゃいました(笑)
 
こんな感じで、自作小説のキャラクターが登場したりします。だってかわいいから……。
 
私が延々と親バカを発揮しているだけのエッセイです。サラッと読み流して、ハッと鼻で笑って頂ければ、結構でございます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ