この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

7

結城安奈

唐突ではありますが。私は自分のことを話すことに限っては「ネタを挟まないと死んじゃう病」に罹っています。
どシリアスな物語は見るのも書くのも大好きなのですが、自分が関わるとどうしても明るく残念にしたくなります。どうしてでしょうね。
1話のテンションとなんか違う気がしますが……気のせいでしょう。1話もアイディアが浮かんだらもう少し眺めても飽きにくいように書き方を変えるかもしれません。
とりあえずすぐに後半を書く作業に移ります。鉄は熱い内に打つならぬ、安奈に「後で」なし。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ